スポンサードリンク

 
 

 浅草神社の三社祭は、浅草神社の氏子44ヶ町を中心に5月の第3金・土・日曜日に行われ、江戸風情を残しつつ勇壮且つ華やかな神輿渡御を主として、3日間に亘り約180万人の人出を数える日本を代表する祭礼です。

スポンサードリンク

 

 18日は、豪華なお囃子屋台や鳶頭木遣り、派手な衣装をまとい、びんざさらを打ち鳴らし五穀豊穣を祈願する大行列が練り歩きます。

 

 19日は、お神輿約100基が浅草神社でお祓いを受け、各町会へ渡御します。威勢のよい掛け声で町は熱気に包まれ、振袖さんや芸者さんの奉納舞踊もあります。

 

 20日の本社神輿の宮入りで幕を閉じると、いよいよ東京の夏が始まります。

 

 浅草神社の三社祭は、江戸風情の残る下町浅草が1年でもっとも活気付くといわれ、東京の初夏を代表する風物詩のひとつです。

 
 
Ads3