タグ:開催場所
ホームPage 1 / 11
スポンサードリンク

 

 備前焼中興の祖と呼ばれる金重陶陽(1896年~1967年)は、備前焼の窯六姓のひとつである金重家に生まれました。

 

スポンサードリンク

 

 様々な工夫と努力により、金重陶陽は桃山風備前を再興させ、備前焼で初めて人間国宝に認定されました。

 

 金重陶陽没後50年、今日の備前焼の隆盛の礎を築いた金重陶陽を偲び、初期の細工物・茶陶や食器類など金重陶陽の代表作約100点を展示します。

 
 
この記事の続きを読む

 

 毛越寺境内大泉が池周辺の約30アールのあやめ園に、300種、3万株の花菖蒲が咲き誇ります。

 

 揚羽(あげは)や初鏡(はつかがみ)、初光(はつひかり)などの品種が色鮮やかに大輪を咲かせ庭園を彩ります。

 
 
この記事の続きを読む

スポンサードリンク
ホームPage 1 / 11