引っ越しに必要な段ボールの入手方法そのサイズと数

 さあ引っ越しが決まりました。家の中のものを段ボールなどに片付けて引っ越しの用意をしなければなりません。

 

 ところで、段ボールは買いますか、無料のものを何とか調達しますか。

 

 引っ越しのシーズンともなると、段ボールの需要は増しますから、タダの段ボールを調達するには早めに準備しましょう。

 
 

スポンサード リンク

 
 

引っ越し時の段ボールの入手方法

 

 引っ越しが決まったら、まず片付けるために段ボールを用意しますよね。あなたはどのようにして段ボールを用意しますか?

 

 段ボールを用意するのに大きく分けて2通りの方法があります。

 

 1つは、スーパーや商店などでタダでもらってくる方法、もうひとつは、引っ越し会社などから購入する方法です。

 

 引っ越しが済んだら段ボールはいらなくなるので、できるだけお金をかけたくないと思われているなら、手間をかけてあちこちのスーパーやホームセンターなどを訪問してもらいましょう。

 

 私もやったことがありますが、スーパーなどでは買い物客用に一度使った段ボールを用意しているのですが、「何枚も持ち帰らないで下さい」とか書かれている場合もあります。

 

 また、綺麗な段ボールは誰しも欲しがるものなので、なかなか手に入りません。

 

 こまめに毎日でも少しずつもらって帰る努力が必要です。

 

 それと、段ボールをもらえたとしてもサイズが全くマチマチなので、困ることがないとはいえません。

 

 二つ目のお金をかけて段ボールを買う方法は、引っ越し会社やホームセンターで購入すればいいので手間はかかりませんし、サイズもそろえられるので荷物の積み込みの時に引っ越し会社に喜ばれます。

 

 お金がかかるかタダでくれるかは分かりませんが、引っ越し会社を決めたら、会社に以前に使った段ボールがあるのかないのか、タダでもらえるのかお金がかかるのかを聞くことです。

 

 引っ越し会社によっては、古い段ボールは回収業者に引き取ってもらっているところもあるので、タダでくれる場合もありますし、多少のお金を払っても新品よりは安く手に入ります。

 

 引越し会社へ見積りをとる人は、中古ダンボールでいいから見積りを安くしてといえば、安くなることが多いようです。

 
 

スポンサード リンク

 
 

引っ越しに使う段ボールのサイズ

 

 引っ越しに使う段ボールのサイズは、できるだけそろっていた方が荷物の整理もしやすいですし、運ぶ時もそれなりに楽です。

 

 スーパーなどでもらってきたものは、サイズがバラバラなので、入れる中身もいろいろ考えさせられます。

 

 ところで、引っ越し業者によって新品の段ボールでも微妙に大きさに差があります。微妙に大きさに差があっても、引っ越しに別に差し支えはありませんけどね。

 

 引っ越し業者の段ボールは、大きさが2種類と決まっていて、運ぶ時や車に積み込む時に手間がかからないようにしているようです。

 

 段ボールのサイズとは関係がないかも知れませんが、スーツなど折りたたんであまりしわを付けたくない場合などに備えて、ハンガー用の段ボールもありますから、業者に相談してみて下さい。

 
 

引っ越しの段ボールの数

 

 一般的に、引越しのダンボールはひとり当たり10個~15個が目安といわれているそうですが、人それぞれなので自分の持ち物によって考える以外にないでしょう。

 

 本が多いとか、衣類が多いなど、個人の持ち物に合わせて用意しましょう。

 

 ところで、引っ越し会社の人に頼むと段ボールの数の見積もりもしてもらえるようですが、経験のある営業マンと経験の少ない営業マンではかなり差が出てくるようです。

 

 引っ越しの途中で段ボールがなくなって作業が進まないとイライラしますので、多めに持ってきてもらうのがいいのかも知れません。

 

 どこの会社でも、使わなかった段ボールは引っ越し金額から差し引いてくれるはずですから。

 
 

まとめ

 

 引越しが決まったらダンボールの準備は早めに用意して下さい。でないと、スーパーなどでタダでもらおうとする場合には、引っ越し時期は皆さん欲しいと思われるので、なるべく早くもらいに行かないとなくなってしまうことがあるからです。

 
 
 

スポンサード リンク