スポンサードリンク

 長谷寺の重要文化財「本尊十一面観音菩薩立像」の特別拝観が3月18日から開催されています。期間は6月30日(金)まで行われています。

 

 いつもは、本堂の外から拝観していますが、この期間は本堂の中に入って観音様の御足に触れることもできます。

 
 

スポンサードリンク

 
 

本尊大観音尊像秋季特別拝観

 

 

 

 普段は関係者以外立ち入りが禁止されている国宝本堂の中に入る事ができ、10mを超える大きな観音さまのお御足(おみあし)に直接触れてお参り出来ます。

 

 西国札所中興の祖、花山法皇一千年御遠忌記念事業の一環として始まり、現在は春と秋の年2回開催しております。

 
 

◆秋季特別寺宝展

 長谷寺に伝わる寺宝の数々。

 

 宗宝蔵で仏画や武具などの寺宝が特別展示されます。

 
 

拝観期間ほか

 

 【開催期間】3月18日(土)~6月30日(金)

 【拝観時間】9時~16時

 【拝観料金】入山料500円込みで 1,300円

 
 

 長谷寺は、花の御寺として有名です。

 
 

 徳川家光の寄進による本堂をはじめ、国宝や重要文化財が沢山あります。

 

 本堂や山内の堂塔伽藍は、四季を通じて、花につつまれる眺めは壮観です。

 
 


 
 

交通アクセス

 

 【公共交通】 近鉄大阪線「長谷寺」駅より徒歩約15分

 【車】

  ≪大阪方面から≫

   西名阪自動車道を天理インターで降り、国道169号線を桜井方面へ行き、

   桜井市内で国道165号線へ左折。

 

  ≪名古屋方面から≫

   名阪国道を針インターで下り、国道369号線を榛原・桜井方面へ行き、

   榛原で国道165号線を右折。

 

 【駐車場】  70台

 【駐車料金】 2輪:200円 ・ 普通車:500円

 
 
 
 
 
 

スポンサードリンク
スポンサード リンク