クリスマスツリーを部屋に飾りたいけど、飾るからには電飾をキレイにして、クリスマスムードを盛り上げたいものです。

 

 
 

スポンサード リンク

 
 

クリスマスツリーの高さと電球の個数

 

 ツリーの高さが 120cmの場合:電球の数は  30~ 50球

 ツリーの高さが 150cmの場合:電球の数は  50~100球

 ツリーの高さが 180cmの場合:電球の数は 100~150球

 ツリーの高さが 210cmの場合:電球の数は 150~200球

 ツリーの高さが 240cmの場合:電球の数は 200~300球

 

 これはあくまでも目安であり、ツリーを部屋のコーナーに飾る場合の数で、部屋の中央に飾る場合ではこの1.5倍~2倍くらい多くてもいいようです。

 

 150cmのツリーを例にしまと、部屋のコーナーでは50球ぐらいで、部屋の中央だと100球ぐらいは必要でしょう。

 

 上記の球数はあくまでも目安ですので、この2倍の球数を使用しても決して多すぎるということはありません。きれいなツリーに仕上がりますよ。

 
 

クリスマスツリーの電球の巻き方

 

 クリスマスツリーの全面にライトを巻きつける方法は、ツリーを部屋の中心にもってきたときに巻く方法で、どこからでも360度同じように見えます。

 

 

 クリスマスツリーの半面だけにライトを巻きつけると、片側からしか見えないので、この場合はツリーが部屋の隅にあるときの方法になります。

 

 
 

スポンサード リンク

 
 

電飾を買うときの注意点

 

 少しでも安く買いたいなら、真夏にネットで検索すると、安く売ってるケースが多いようです。

 

 今年がもう間に合わないなら、来年付け足しを買う時に真夏にネットで探すといいと思います。

 
 

 で、LEDなどの電飾を購入する場合、ツリーの色とコードの色はできるだけ同じものか近いものにしましょう。

 

 ツリーが濃いグリーンだったら、濃いグリーンコードを、ツリーが薄いグリーンだったら、薄いグリーンのコードを選びましょう。

 

 間違っても、ホワイトツリーなんかにグリーンコードをつけるようなことのないように考えて購入しましょう。

 

ライトをご購入の際にはコードの色をよく確認した方がいいよ。

 
 
 

クリスマスツリーへの電飾のきれいな飾り方

 

 クリスマスツリーへの電飾は最初に飾りましょう。

 

 なぜなら、他の装飾品を飾った後に電飾コードを巻き付けると、先に飾った装飾品を壊す恐れもありますし、装飾品の上からコードが見える場合もありますよね。

 

 電飾は、上から下へと順序よく飾りましょう。上にやったり下にやったりするとあまりキレイに見えることはありません。

 

 電球の部分は電球が下に向くようにして下さい。これも上や下に向くとキレイとは言いがたくなります。

 

 また電飾のコードは、出来るだけツリーの陰に隠れるようにしましょう。コードが見えないとそれだけきれいな電飾になり、ツリー全体がキレイに見えますよ。

 
 
 
 
 
 

スポンサード リンク