水戸で梅まつりが開かれます。水戸の春は梅の花から。季節やわらぐ早春にちらほらと咲き出す花々が、水戸に少し早い春の訪れを告げてくれます。

 

 偕楽園も梅まつりの会場になります。

 
 

スポンサード リンク

 
 

偕楽園の梅まつり

 

 水戸の梅まつりは、平成28年2月20日(土)~3月31日(木)です。

この間、水戸の偕楽園は梅まつりの会場として多くの人出で賑わいます。

 

 3月12日(土)18:00~21:00には『夜・梅・祭2016』が偕楽園などで開かれます。

 

 偕楽園園内の梅の木々がライトアップされ、昼間とはひと味違った偕楽園が楽しめます。幻想的な姿に照らし出された園内と、芳しい梅の香りをお楽しみください。

 

 3月4日(金)~3月6日(日)は、10:00~16:00(最終日は15:00)

 

 常磐神社境内に於いて、全国各地から集まった様々な梅酒の飲み比べをはじめ、梅酒カクテル・梅酒と料理のマリアージュ・梅酒割りなどが楽しめます。

 
 

偕楽園の梅まつり駐車場は?

 

 梅まつり期間中の土・日・祝は大変込み合いますので、早めに到着したほうが駐車場は停めやすいです。

 

 早朝に到着するなら『常磐神社駐車場』が一番近い事と坂道が無いので、お年寄りや車いすの方にはオススメです。

 

 公営『常磐神社駐車場』

 

  住 所:茨城県水戸市常磐町1-3-1

  電 話:029-221-0748(代表)

      029-226-0560(駐車場直通)

  時 間:AM8:00~PM4:30(2月~10月)

      AM8:00~PM4:00(11月~1月)

  料 金:マイクロバス 1,000円(1日1回)

  普通車:20分100円 5時間以上1500円

  二輪車:1日1回200円

  台 数:100台 大型車は駐車不可

 

 駐車場から偕楽園の東門まで約3分です。

 

 ※但し梅まつり期間中の日曜日は利用できません。

  交通規制が行われる場合は利用できないことがあります。

 ※上記駐車場の営業時間は、時期により変更があります。

 

 このほかにも駐車場はありますので、下記のアドレスを参考にして下さい。

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 http://www.kairakuen.u-888.com/park/kairakuen_map.htm

 
 

スポンサード リンク

 
 

偕楽園の梅まつりではライトアップされます

 

 『夜・梅・祭』は、日本三名園の一つである水戸偕楽園および隣接する常磐神社で一年に一度開催される一夜限りのお祭りです。 第1回は2006年に開催されました。

 

yoru-umematuri-2

 

 当日はキャンドルディスプレイによるライトアップで、お洒落な装いを見せる梅木たちの息づかいが園内に漂います。

 

 お茶会や表門から出発するナイトウォーク、『夜・梅・祭』でしか見られない常磐神社能楽殿でのステージ。

 

 西門広場に出現するフードエリアでは、地元ならではの美味しい食材に舌鼓を打つことができます。 

 

 そしてフィナーレには、心に響く水戸の花火。一夜限りの夜・梅・祭をお楽しみください!

                       第10回夜梅祭公式サイトより

 

yoru-umematuri

 

 2016年の偕楽園の梅まつりライトアップの時期は、2015年12月中旬時点ではまだ公表されていないようですが、2015年は、3月6日~3月22日の間ライトアップされました。

 

 この期間中の3月12日(土)18:00~21:00には『夜・梅・祭2016』が一日だけ開催されます。

 
 

まとめ

 

 偕楽園のライトアップを見られる人は、

 

 ★バスを利用する人は、最終のバスの時刻をチェックしましょう。

 ★自動車を利用する人は、駐車場の営業時間に注意しましょう。

 ★3月の夜はまだ寒いと思いますので、服装にも充分注意して楽しんで下さい。

 
 
 

スポンサード リンク
カテゴリー
タグ