岡山後楽園の梅の見頃は?駐車場は?

 岡山の後楽園は、日本三名園として知られていますが、2月頃には梅、4月頃には桜やツツジ、夏には蓮の花、秋には紅葉と季節によりいろいろな景色を見せてくれます。

 
 

スポンサード リンク

 
 

岡山後楽園

 

 後楽園は、今から約300年前に岡山藩主 池田綱政(つなまさ)が岡山郡代官津田永忠に命じて造らせました。

 

 1687年(貞享4年)に着工し14年の歳月をかけ1700年(元禄13年)に完成しました。

 

 後楽園は、岡山市内を流れる旭川をはさみ、岡山城の対岸の中州に位置します。

 

 綱政の時代には、藩主の居間 延養亭(えんようてい)など建物の座敷から眺望を楽しむという要素の強い庭でした。

 

 その子継政(つぐまさ)は、能舞台周辺を改築したり、唯心山を築き、水路を巡らせ、沢の池と廉池軒の池を結ぶひょうたん池を掘らせました。この改造で後楽園は回遊性が備わりました。

 

 継政の孫である治政(はるまさ)の時代には、一時的に芝生の庭園となりますが、その後すぐに園内東の大半は田畑へと戻ります。現在の井田(せいでん)はその名残なのです。

 

 後楽園は、江戸時代には今の延養亭を茶屋屋敷、庭園を後園または御後園と呼んでいました。

 

唯心山

 

 1871年(明治4年)、後楽園を一般開放するにあたって、これを後楽園と改めました。

 

 総面積は東京ドームの3倍ほどの広さがあります。

 

幻想庭園

 

 大正11年に名勝に指定され、昭和27年には文化財保護法による特別名勝に指定されました。

 

 後楽園は、江戸時代の様子を伝える庭園として多くの人に親しまれ、金沢の兼六園、水戸の偕楽園とあわせて日本三名園として知られています。

 
 

岡山後楽園の梅の見頃は?

 

 2015年12月下旬には、暖かい日が多かったせいもあって、梅の花がチラホラと咲き始めているようです。

 

梅

 

 岡山後楽園には紅梅と白梅あわせて100本ほどあり、例年では2月になると可憐な花をつけ始め、3月上旬まで美しく咲きます。

 

しだれ梅

 
 

スポンサード リンク

 
 

岡山後楽園駐車場と入園料

 

 後楽園には広いスペースの駐車場が用意されています。

 

  ★普通車 570台 100円/1時間

  ★バス   10台 610円/1日1回

 

 ◆入園料

 

  券 種  大人15歳~65歳未満  小中学生  シニア65歳~

       (中学生を除く)

 

  個人券    400円     140円   140円

 

  団体券 団体は、20名様以上になります

         320円     112円   112円

 

  共通券   後楽園・岡山県立博物館

         520円

 

  共通券   後楽園・岡山城

         560円     260円

 

  共通券   後楽園・岡山城・林原美術館

         960円

 
 
 

スポンサード リンク