本部八重岳桜まつりの場所とアクセス

 日本一早い桜祭りが行われる、沖縄県本部(もとぶ)町の桜まつりをご紹介しましょう。

 
 

スポンサード リンク

 
 

本部八重岳桜まつり

 

 沖縄本島北部・本部半島にある本部(もとぶ)町では、1月下旬の寒緋桜の開花に合わせて桜まつりが行われます。

 

 八重岳桜の森公園は、“日本一早咲き”をキャッチフレーズに、1月中旬から2月上旬にかけて開催される本部八重岳桜まつりの主会場であり、1月から2月上旬にかけ約7,000 本の色鮮やかな桜が開花する八重岳の中腹にあります。

 

さくら

 

 公園には、遊具や休憩施設、トイレ、多目的広場などが完備され、また、やんばるの森と思わせる青々とした木々や花々が咲き誇り、県内各地から多くのお客様が訪れます。

 

 標高453mの八重岳では、山裾から山頂まで約7,000本の桜が鮮やかに彩り、訪れる人の目を楽しませてくれます。

 

 南国特有のカンヒザクラは1月中旬から下旬にかけての一番寒い時期に咲く桜で、花びらの色が濃く、全ての花が地面に向かって開いているのが特徴です。

 

さくら-2

 

 ですから、桜を見上げた時の美しさは、本土にある桜並木とは違った美しさがあります。

 

 のんびりドライブ、もしくはお散歩をしながら頂上まで桜を追いかけてみたら、海も見渡せ、すがすがしい春の空気がおいしい限りです。

 

 すぐ近くの伊豆味からは旬のタンカン(沖縄みかん)の甘酸っぱい香りが風に乗ってくるようです。お帰りの前はタンカン狩りもオススメです。沖縄ならではの「花よりタンカン!?」をぜひお味見ください。

 
 

スポンサード リンク

 
 

本部八重岳桜まつりの場所

 

 日本一早い桜祭りとしてよくニュースにも取り上げられる「本部八重岳桜まつり」は八重岳中腹の八重岳桜の森公園で開かれます。

 

 開催期間は、2016年1月23日(土)~2016年2月7日(日)です。

 

 「本部(もとぶ)ミス桜」発表や地元小学校吹奏楽部による演奏など、さまざまなイベントが行われます。

 
 

本部八重岳桜まつりへのアクセス

 

 那覇空港から車で120分

 

 沖縄道許田ICから国道58・449号、県道84号経由40分

 

 駐車場:約50台

 
 
 

スポンサード リンク