「宇部まつり」は1934(昭和9)年から始まり、「炭都祭」「宇部石炭まつり」「石炭祭」と名前を変え、現在の「宇部まつり」となっています。

 

 宇部市は昔、炭鉱の町として発展したことから、まつりの名前もこういう風に変遷してきました。

 

 

 毎年、宇部まつりには、およそ20万人もの人たちが訪れ、大きな盛り上がりを見せています。

 
 

スポンサード リンク

 
 

宇部まつりの日程

 

 今年2017年の「宇部まつり」の日程は、

 

 11月4日(土)と5日(日)です。

 

 11月4日(土)は前夜祭で 17:00~21:00

 11月5日(日)が本祭です 10:30~19:00

 
 

開催場所

 

 宇部市中心市街地の

 

  ★ハーモニー広場

  ★まつり広場 など

 

です。

 
 

宇部まつり会場へのアクセス

 

★会場へのアクセスは、

 

 【電車の場合】

  JR宇部線宇部新川駅から徒歩およそ15分

  JR琴芝駅から徒歩およそ7分

 
 

 【車の場合】

  山口宇部道路宇部南ICから国道190号経由約10分

 

となっています。

 
 

スポンサード リンク

 
 

宇部まつり駐車場

 

 宇部まつりでは、2日目の本祭のみ臨時の無料駐車場が設けられます。

 

◆臨時駐車場の場所

 

 ★神原小学校

 ★見初小学校

 ★地方卸売市場

 ★東部体育館広場駐車場(会場から少し遠い)

 

 例年これら4ヵ所が無料駐車場として用意されます。

 

 無料開放される時間は、9:00~20:00までとなっています。

 
 

 東部体育館広場駐車場から会場までは距離がありますが、会場近くの青少年会館まで無料シャトルバスが運行されます。

 

 運行時刻は、10:00~19:30(予定)間で、シャトルバスの運行間隔は10分とのことです。

 
 

 ※会場周辺には有料の駐車場もあります。

 
 

 ★例年ですと、本祭が開催される11月5日(日)は

 

  常磐通りや平和通り、国道190号線が、9:00~17:30通行止めとなりますのでご注意下さい。

 
 

宇部まつりの見どころ

 

 宇部まつりの見どころはなんといっても本祭の日の総勢約5,000人の人たちが参加する大パレードでしょうか。

 
 

 10時半になると、オープニングパレードが始まります。

 

 オープニングパレードのほかにも、約50人ほどの小学生を乗せた高さ約5.5m、幅約3.6m、長さ約11mの大きな曳山(ひきやま)が登場します。

 

 

 11時頃からは、地元の企業や保存会、協議会の人々約1,000人による南蛮音頭パレードが始まります。

 

 

 南蛮音頭とは、江戸時代頃から宇部市に伝わる郷土民謡です。

 
 

 南蛮音頭パレードが終わり、12時をすぎると宇部商工会議所華創パレードが行われます。

 

 ここでも、様々な企業や団体が参加し、それぞれ踊りを披露します。

 

 

 そして、13時半頃には子ども未来パレード、14時頃には市民おまつりパレードと続き、市民の人たちをはじめ、地元小学校のよさこいクラブや少年消防クラブ、スポーツ少年団の子たちも続々登場します。

 
 

 その後には、再度、曳山が引き回され、14時半頃にはYOSAKOIパレードが行われ、賑やかさは増します。

 

 

 15時半頃には、市民総参加の総踊りが行われます。最後まで大盛り上がりを見せる「宇部まつり」のパレードです。

 

 
 
 
 
 
 

スポンサード リンク