行楽のシーズンですが、カメラをもって旅に出るのもいいかもしれません。旅行につきものといえばカメラがありますが、あなたはどんなカメラをもって出かけますか?

 

 

 最近のスマートフォンは、デジタル一眼レフカメラも負けるくらいの、きれいな写真が撮れるようです。

 

 

 通常はスマホさえあればそれで事足りるようですが、それでもデジタル一眼レフカメラが欲しいと思っている人もたくさんおられるようです。

 

 デジタル一眼レフカメラは、安いものなら5~6万円でも買えるようですが、高いものになると、何十万円もします。

 

 そこで、デジタル一眼レフカメラの何を基準に選び、購入するかを考えてみましょう。

 
 

スポンサード リンク

 
 

デジタル一眼レフカメラの選び方

 

 最初に考えた方がいいのは、「一眼レフ」にするのか「ミラーレス」にするのかということです。

 

 一眼レフカメラというのは、ファインダーがあってレンズから入ってくる画像を、鏡でファインダーに画像を送り、撮影する画像(被写体)が直接見えるという構造です。

 

 シャッターを切るとその画像はイメージセンサーに送られ、画像は電気的に変換され記録媒体に記録されます。

 

 

 一方、ミラーレスというカメラは、鏡がなく画像はイメージセンサーに直接送られ、液晶に映し出された映像を見て撮影するという構造になります。

 

 ミラーレスは、ミラーがない分、軽量で小型に作ることが出来ます。

 
 

デジタル一眼レフカメライメージセンサーは?

 

 ミラーレスか一眼レフか決まったら、次にはイメージセンサーの大きさを考えなければなりません。

 

 

 イメージセンサーのサイズは、画像の精細度に影響しますが、センサーが大きくなればなるほど精細度は上がりますが、電気的に変換した場合のサイズも大きくなります。

 

 また、イメージセンサーが大きくなればなるほど、カメラのサイズも当然大きくなります。

 

 イメージセンサーの大きさが大きくなるほど精細度は上がりますが、カメラが大きくなると同時にお値段の方も高くなるということになります。

 
 

スポンサード リンク

 
 

一眼レフかミラーレスかどちらを選ぶ?

 

 一眼レフカメラとミラーレスカメラのちょっとした違いを述べてきましたが、どちらを選ぶにしても、予算や持ち運びのことなども考慮しなければなりません。

 

 ほかにも選ぶ基準としては、メーカー・デザイン・機能・性能などさまざまな要素がありますから、知れば知るほどどれにしようかと迷うことになるかと思います。

 

 選ぶ場合には、カメラの特徴をよく理解し、また、どんな取り方をしたいかも考えて、さらに細かく調べてみることをおすすめします。

 

 予算との兼ね合いもありましょうが、カメラは持ち運ぶということも考えると、そんなに大きなボディでは持ち運びに不便なことは間違いありません。

 

 どちらのカメラを選んでも、カメラは長く使えますのでそれも考えて選びましょう。

 
 
 
 
 
 

スポンサード リンク