南米大陸の太平洋岸に展開した、巨大で複雑な文明の全体像は、まだほとんど私たちには分かっていません。
 

 

 先史時代から16世紀にスペイン人がインカ帝国を滅ぼすまでの約15,000年の間、ナスカ、モチェ、ティワナクなど多種多様な文化が盛衰を繰り返してきました。

 

 それが古代アンデス文明なのです。

 
 

スポンサード リンク

 
 

古代アンデス文明展

 

 

 1994年9月に開催された「黄金の都 シカン発掘展」をはじめ、「世界遺産 ナスカ展」「インカ帝国展」など20年以上にわたり、全国各地で開催されてきた「古代アンデス文明展」。

 

 全国で400万人以上を動員した「古代アンデス文明展」の決定版ともいえる特別展が国立科学博物館で開催されています。

 

 今回の「古代アンデス文明展」では、アンデス地域に人類が到達した先史時代から、スペイン人によるインカ帝国征服までの約15,000年の間に生まれた9つの文化を取り上げ、古代遺跡、黄金の仮面、ミイラなど約200点の貴重な作品を展示しています。

 

 
 

古代アンデス文明展は国立科学博物館で

 

 古代アンデス文明展は、国立科学博物館で開催されます。

 

【開催期間】: 2017年10月21日(土)~2018年2月18日(日)

 

【休館日】 : 月曜日と12月28日~1月1日、1月9日

        ※ただし1月8日・2月12日は開館

 

【開館時間】: 9:00~17:00(金曜日・土曜日は20:00まで)

        ※入館は閉館の30分前まで

 
 

スポンサード リンク

 
 

古代アンデス文明展入場料

 

【前売料金】8月1日(火)~10月21日(金)販売

 ★ 一般・大学生  : 1,400円

 ★ 小・中・高校生 :  500円

 
 

【当日料金】

 ★ 一般・大学生  : 1,600円

 ★ 小・中・高校生 :  600円

 

 ※全て税込み

 

 ※未就学児は入場無料

 

 ※障害者手帳の提示で、介護者1名を含め無料

 

 ※会期中1名様1回限り有効

 

 ※本券の変更、払戻、再発行は不可。

 

 ※本券での本展覧会の観覧で、同日に限り常設展も観覧可能。

 
 

古代アンデス文明展交通アクセス

 

★JR上野駅

  「公園口」の改札口を出て徒歩5分

 

★東京メトロ銀座線・日比谷線 上野駅

  「7番出口」から徒歩10分

 

★京成線 京成上野駅

  「正面口」から徒歩10分

 
 
 
 
 
 

スポンサード リンク