日光東照宮春季例大祭は、例年5月17日と18日に行われます。

 

 5月17日(木)は「流鏑馬」神事が行われます。

 

 5月18日(金)は、よろい武者ら神輿を護る1,200余名による「千人武者行列」が行われ、家康公が久能山から日光に改葬された際の行列を再現します。

 
 

スポンサード リンク

 
 

日光東照宮春季例大祭「流鏑馬神事」

 

 流鏑馬神事(やぶさめ神事)は馬を操る射手の妙技と弓のさばきが見物です。

 

 東照宮石鳥居手前の山内表参道大手通りでとり行われます。

 

 

 

【流鏑馬神事日時】:17日(木) 13時半から

 

【流鏑馬神事場所】:山内表参道大手通り東照宮石鳥居前

 

 
 

日光東照宮春季例大祭「百物揃千人武者行列」

 

 

 

 日光東照宮春季例大祭のハイライトは、なんといっても18日に行われる「百物揃千人武者行列(神輿渡御祭)」でしょう。

 

 

 「百物揃千人武者行列」は、徳川家康の神霊を駿府久能山から日光に改葬した際の行列を再現したもので、3基の神輿を中心に総勢1,200人余りが神職をはじめ、鎧武者・弓持ち・鎗持ち・鉄砲持ちなどのほか、獅子・八乙女など1kmにも及ぶ隊列を組んで練り歩く光景は圧巻といえましょう。

 

 

 
 
 

 行列は、二荒山神社本社 ⇒ 東照宮表門前 ⇒ 御旅所 ⇒ 東照宮本社の順に通ります。

 

 観覧は自由(無料)ですが、厳粛に。馬が興奮する行為(フラッシュ撮影等)は大変危険ですのでご遠慮下さい。

 
 

スポンサード リンク

 
 

日光東照宮春季例大祭への交通アクセス

 

【電車・バス】:JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺温泉行きまたは湯元温泉行きで約6分「総合会館前」下車徒歩約5分。

 

【車】:日光宇都宮道路日光ICから約5分。

 

【駐車場】:200台

 
 

スポンサード リンク