草津温泉感謝祭の女神とイベントスケジュール

 土用丑の日、丑の刻(午前2時頃)に入浴すると、一年中無病息災であるという言い伝えにより、温泉に感謝する意味で始まった「丑湯(うしゆ)祭」が、「草津温泉感謝祭」として毎年8月1日・2日に行われています。

 
 

スポンサード リンク

 
 

草津温泉感謝祭の女神

 

 草津温泉感謝祭は1日目は女神降臨から始まり、2日目は女神昇天にてお祭りは終わりになります。

 

女神降臨

           女神降臨

 

 町民の中から選ばれた女神と巫子、白丁(はくちょう)により行われる「源泉お汲み合わせの儀」「源泉分湯の儀」「献湯」などの一連の儀式には、なんとも言えない厳かさがあり、思わず時を忘れて見入ってしまいます。

 

 白丁(はくちょう)姿の小学生によって汲み上げられた白根山湯釜の源泉、万代の源泉、西の河原の源泉、湯畑の源泉が、女子中学生の扮する巫女に手渡され、ひとつの桶に合わせられます。

 

 同時に、源泉は温泉女神によって、草津温泉に訪れた人の無病息災を祈って各地区浴場に分湯されます。平安朝の装束をまとった女神らが幻想的な雰囲気の中で行う儀式は観光客を魅了します。

 
 

草津温泉感謝祭イベントスケジュール

 

※2015年のスケジュールです

【8月1日】(交通規制 18:00~22:00)

 18:45 湯善神参拝

 19:00 上州草津温泉噴火太鼓・草津踊り

 20:45 温泉感謝祭式典

       「女神降臨」

       「女神源泉お汲み合わせの儀」

        お汲み合わせの儀

 

       「女神源泉分湯の儀」

        分湯の儀

 

        女神主要浴場「献湯」~地蔵の湯

 

【8月2日】(交通規制 18:00~22:00)

 13:00 女神各地区浴場「献湯」

 19:00 草津踊り

 20:00 女神各地区主要浴場「献湯」

       白旗の湯 ⇒ 熱の湯 ⇒ 千代の湯

       ※熱の湯献湯後「湯もみ保存会」による湯もみの披露

       ※熱の湯献湯後「上州草津温泉噴火太鼓」演奏

 21:00 草津温泉感謝祭フィナーレ「女神昇天」

 21:40 手筒花火

※プログラムの内容は変更される場合があります、 予めご了承下さい。

 
 

スポンサード リンク

 
 

草津温泉感謝祭交通アクセス

 

【公共交通】:JR長野原草津口駅→バス25分、バス停:草津温泉駅下車、徒歩5分

 

【車】   :関越道渋川伊香保ICから国道17号・353号・145号・292号

       経由60km約1時間20分

【駐車場】 :なし

 
 

草津温泉感謝祭での宿泊場所

 

 ↓ ↓ このバナーをクリックして下さい。

 

 楽天トラベルのサイトに行きますので、「キーワードから探す」の国内宿泊が選択されていることを確認してから、その下の枠内に 草津温泉 と入力し、「検索」をクリックして下さい。

 

 草津温泉の宿泊場所一覧が表示されます。

 
 
 

スポンサード リンク