スポンサードリンク

 バレンタインデーのお返しに、ホワイトデーで何をお返しするか、お悩みではありませんか?

 

 ホワイトデーでお返しの定番商品というものがありますが、それらをお返しするときにはその商品が持つ意味を知った上でお返しに使いましょう。

 
 

スポンサードリンク

 
 

そもそもホワイトデーって?

 

 ホワイトデーとは、バレンタインデーのひと月後にバレンタインデーにチョコをくれた人へお返しを渡す日のことです。

 

 外国にはホワイトデーという習慣はありません。1980年3月14日に商魂たくましく、全国飴菓子工業協同組合がバレンタインデーのお返しに飴を送る日として定めたのが、ホワイトデーの始まりといわれています。

 

 「義理チョコもらったけどどうしようか」とは言わないで、ホワイトデーはもうしっかりと習慣化されているので、バレンタインデーにチョコを貰ったらきちんとお返しをしましょう。

 
 

ホワイトデーのお返しで有名な物

 

 ホワイトデーのお返し手定番の有名なものが3種類あります。

 

 キャンディー・クッキー・マシュマロの3品です。

 

 この3品はお返しとして特に有名ですが、この3品はそれぞれに意味を持っていて、ホワイトデーでお返しをする時、その意味を知らずにするととんでもない誤解を招くことがありますから、注意が必要です。

 

 もちろん、お返しにはこの有名な3品だけでなく、アクセサリー類や下着なども贈られるようですが、女性が好むかどうかはまた別のことになります。

 

 で、有名な3品の意味ですが、

 

 ★キャンディー ・・・ あなたが好きです
  

 

 ★クッキー   ・・・ 友達として好きです
  

 

 ★マシュマロ  ・・・ あなたが嫌いです
  

 

となります。

 
 


 
 

お返しをする時の注意点

 

 これら3品にはそれぞれ意味があるので、お返しする時は慎重にしましょう。

 

 特に気をつけたいのはマシュマロですよね。人間関係をはっきりさせたいのであればそれも良いのかも知れませんが、慎重に選ぶべきでしょう。

 

 最近人気のあるギモーヴという商品は実は厳密に言うとマシュマロとは違うのですが、その食感からマシュマロだと認識している人も多いんです。

 

 ですから、ホワイトデーのお返しとしてギモーヴは避けた方が賢明と言えます。

 

 義理チョコのお返しや、興味のない人へのお返しにはクッキーをあげるのが一番無難になると思います。

 

 本命の人へのお返しはもちろんキャンディーになりますが、相手の好みをよく知っていて、相手が別の物を望むのならそれも良いと思います。

 
 

男性本位で嫌われるかも

 

 一部の男性の間で、根強い人気のあるお返しと言えば下着にアクセサリーなんだそうです。

 

 恋人なんだからこれくらいあげてもということらしいのですが、もらう女性の側は嫌な気分になる人もいるので注意が必要となります。

 

 恋人でもないのに、これらの品物はタブーと言うべきでしょう。

 

 で、恋人からもらっても

 

 ★サイズが合わないとか ★デザインや素材が好みではない ★セクハラっぽく感じてしまう

 

 など受け取り方は贈る側とは別物になることもあります。

 

 アクセサリー類にしても、 ★デザインが好みではない ★高価すぎて受け取れない  ★安すぎて身に着けられない

 

などという理由があります。

 

 それでも、彼女と一緒にショップに買いに行けるという間柄なら、また別の話ではあろうかと思います。

 
 
 

スポンサードリンク
スポンサード リンク