スポンサードリンク

 第42回を迎える、氷瀑まつりは1万2千平方メートルの会場に、厳しい寒さを生かして作られた大小様々な30基の氷の造形物が立ち並びます。

 

 夜は30基の氷の造形物が七色にライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれます。

 

 真冬の北海道は厳しいだけに、その美しさもまた格別かも知れません。

 
 

スポンサードリンク

 
 

氷とライトが創り出す幻想的な美しさ

 

 

 

 北海道内屈指の冬のイベント「層雲峡温泉氷瀑まつり」。

 

 石狩川の河川敷を利用した約1万2千平方メートルの会場には、大小およそ30基の氷像が立ち並びます。

 

 約13mの展望台やすべり台、氷瀑神社など、大雪山麓渓谷の自然を活かし、約3ヵ月かけて制作する氷の造形は見ごたえがあります。

 

 日中は太陽の光で青く輝き、夜になると七色でライトアップされ、幻想的な雰囲気になります。

 

 3月5日(日)までは極寒の夜空に毎日花火が打ち上げられ、夜空を美しく彩り、ロマンティックムードに包まれます。(3月6日(月)以降は、土日のみの打ち上げとなります。)

 
 

温かくしてご参加下さい

 

 北海道の1月下旬から3月という真冬の氷祭りですから、想像以上に寒い事が予想できるでしょう。

 

 「層雲峡氷瀑まつり」の氷瀑は、滝から落ちる水が寒さで凍ったものです。落ちる水が凍っていくほどの環境です。どれだけの寒さかお分かりになると思います。

 

 ダウンジャケットやヒートテックで身を包み、手袋や耳あて、使い捨てカイロなどでしっかり防寒をしてご参加ください。

 

 暖かい服装で、厳しくも美しい北海道の冬をお楽しみください。

 

 会場マップと見どころはこちらをクリック(氷瀑まつりHPより)

 
 


 
 

開催場所とアクセス方法

 

 ★開催場所:上川町層雲峡温泉

 

 ★イベント開催日:2017年1月25日(水)~3月20日(月)

          10:00~22:00

 

 ★料金:協力金として300円

 

 ★アクセス方法:旭川紋別道上川層雲峡ICから約30分

 

 ★駐車場:150台(無料)

 

 ★お問い合わせ先:01658(2)1811

 
 
 

スポンサードリンク
スポンサード リンク