スポンサードリンク

 

 

 八戸三社大祭は、「豪華絢爛 日本一の山車絵巻」です。

 

 藩政時代より受け継がれる「八戸三社大祭」は、古式ゆかしい神社行列と、雅やかなお囃子とともに現れる華麗な山車が、八戸の短い夏を熱く、美しく彩ります。

 
 

スポンサードリンク

 
 

八戸三社大祭

 

 およそ300年の歴史と伝統を誇る、国の重要無形民俗文化財「八戸三社大祭」(はちのへさんしゃたいさい)は、2016(平成28)年12月にユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」への登録が決まりました。

 
 

 八戸三社大祭の一番の見どころは、おがみ神社・長者山新羅神社・神明宮の三神社の神輿行列と、神話や歌舞伎等を題材に各山車組が制作した27台の山車の合同運行です。

 

 

 高さ10m・幅8mの山車は勇壮で、夜の運行ではライトアップされた山車が夜空に浮かび上がり、幻想的な雰囲気となり昼とはまた違った雰囲気になります。

 

 
 

 毎年7月31日から8月4日までの5日間、八戸のまちが独特の熱気に包まれ、八戸三社大祭の期間中は100万人以上の人で賑わいます。

 
 

 青森県には青森ねぶた祭・弘前ねぷたまつり・五所川原立佞武多など有名な夏祭りが多いですが、八戸三社大祭もそれらに全くひけをとらない活気と迫力を誇るお祭りです。

 
 

八戸三社大祭の日程とスケジュール

 

 八戸三社大祭は、毎年7月31日から8月4日までの5日間開催されます。

 

 

今年2017年のスケジュールは

 

 ★7月31日(月)は前夜祭:18時~21時

  ・前夜祭では、八戸市中心市街地と八戸市庁前に山車が集合し、お囃子が演奏されます。

  ・この様子は「日本夜景遺産」にも登録されていて、27台の山車がライトアップされます。

 

 ★8月1日(火)はお通り:15時~19時

  ・お通りでは、おがみ神社で神事と出発式が行われ、神社行列と山車が八戸市内の中心街へ向けて巡航します。

 

 ★8月2日(水)は中日:18時~21時

  ・中日では、夜間にライトアップされた山車が八戸市の中心街を練り歩きます。

  ・この他に、新羅神社では「加賀美流騎馬打毬」が奉納されます。

  ・紅白に別れた騎馬武者が馬に乗り、毬杖を使用して、毬をゴールの毬門へと投げ入れる競技です。

 

 ★8月3日(木)はお還り:15時~19時

  ・お還りでは、神社行列と山車が新羅神社前を出発し、八戸市内の中心街を巡航します。

 ★8月4日(金)は後夜祭:18時~21時

  ・後夜祭は、前夜祭と同様の進行で行われます。

 
 


 
 

八戸三社大祭の見どころ

 

 八戸三社大祭の見どころとは、やっぱり山車でしょう。

 

 

 山車は、前夜祭と後夜祭には、27台もの豪華絢爛の山車がライトアップされ、八戸市中心街に展示されます。

 
;

 

 お通りとお還りでは、八戸市中心街で27台の山車が合同運行され曳き回されます。

 
 

 山車は、最大幅8m奥行き11m高さ11mもあり、道幅や信号の高さに合わせて広がったり縮んだり自由自在に動かすことができます。

 

 山車には、神話や歌舞伎などをテーマにした人形が飾られ、その人形には数々の仕掛けが施されています。

 
 

八戸三社大祭での宿泊場所

 

 ↓ ↓ このバナーをクリック(タップ)して下さい。

 

 楽天トラベルのサイトに行きますので、「キーワードから探す」の国内宿泊が選択されていることを確認してから、その下の枠内に 八戸市 と入力し、「検索」をクリック(タップ)して下さい。

 

 八戸市での宿泊場所が表示されます。

 
 
 
 
 
 
 

スポンサードリンク
スポンサード リンク
カテゴリー