スポンサードリンク

 

 2001年に沖縄からエイサーチームを招き始まった「新宿エイサーまつり」は、今年も東京・新宿で各団体のパフォーマンスが繰り広げられます。

 

 エイサーとは沖縄の盆踊りのことで、太鼓や三線の音色に合わせ男女の手踊りなどが披露されます。

 
 

スポンサードリンク

 
 

「新宿エイサーまつり」とは

 

 沖縄で旧盆に先祖の霊を送り出し、家内安全や繁盛を祈る儀式として行われている「エイサー」。

 

 その「エイサーまつり」を東京・新宿のど真ん中で繰り広げるのが「新宿エイサーまつり」です。

 

 

 大小ある太鼓の音に合わせて、男女の手踊りや三線、地謡、道化役など様々な役が大きな隊列を組んで街の中を踊り廻ります。

 
 

 この全国的にも有名な沖縄の伝統行事「エイサー」が東京・新宿で行われるようになって、今や新宿の夏の風物詩となりました。

 

 大きく鳴り響く太鼓の音と、エネルギッシュな踊りを見ているだけで、大きく心を揺さぶられることでしょう。

 

 東京の中心で繰り広げられる熱い踊りが、見る人に元気を届けてくれる、「新宿エイサーまつり」は、そんなエネルギッシュな祭りです。

 
 

新宿エイサーまつり開催日程や交通アクセス

 

【開催日程】 2017年7月29日(土) ※少雨決行

 

【開始時刻】 12:00

 

【終了時刻】 20:00

 

【開催場所】 東京新宿区 新宿駅東/西口一帯

 

【交通アクセス】 JR都営地下鉄 大江戸線・京王線・小田急線

         「新宿」駅から各会場へ

 

【車】 交通規制もありますし、特設の駐車場もありませんので車はやめた方がいいと思います。不便なことは一切ないでしょう。

 

※去年の開催では、西武新宿駅前靖国通りからの入り口からマルイワン前の新宿2丁目交差点にかけての「新宿通り」で交通規制が実施されました。

 
 


 
 

会場の確認を

 

 楽しむポイントを探すために、アルタ前のインフォメイションセンターでパンフレットをもらいましょう。

 

 昼も夜も様々な団体が広い会場いっぱいにパフォーマンスを繰り広げますので、どこで観覧するかを決めておくのもポイントかと思います。

 

 昼の部はとにかく車道いっぱいにパフォーマンスが繰り広げられますから、歩道から観覧することになります。とにかく混雑しますから比較的すいているところを探しながら楽しむといいでしょう。

 

 夜の部は会場が点在しているため、あらかじめ楽しみたい会場を決めておくことをお勧めします。

 

 

 あちこち混雑の激しいところがありますから、移動を考えているとせっかくのパフォーマンスも見逃すことになりかねません。

 
 

「新宿エイサーまつり」での宿泊場所

 

 ↓ ↓ このバナーをクリック(タップ)して下さい。

 

 楽天トラベルのサイトに行きますので、「キーワードから探す」の国内宿泊が選択されていることを確認してから、その下の枠内に 新宿 と入力し、「検索」をクリック(タップ)して下さい。

 

 新宿周辺の宿泊場所が表示されます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

スポンサードリンク
スポンサード リンク