赤穂義士祭は、毎年12月に赤穂市で開催される最大のイベントです。

 

 メインイベントは大名行列や義士行列などの「忠臣蔵パレード」です。

 

 パレードは、赤穂城大手門からいきつぎ広場に向かって、約1km余りの沿道を行進します。

 

 その他、花岳寺での法要や大石神社での祭典、また赤穂城内武家屋敷公園では、忠臣蔵ゆかりの市町や、近隣市町による「忠臣蔵交流物産市」など多彩なイベントが開催されます。

 

 13日は、花岳寺・大石神社で義士追慕の前夜祭が開催されます。

 
 

スポンサード リンク

 
 

赤穂義士祭の見所

 

 赤穂義士祭(あこうぎしさい)は、毎年12月に赤穂市で開催される赤穂市最大のイベントです。

 

 赤穂義士が討ち入りをした12月14日に開催され、今年2017年で第114回を数える、歴史あるお祭りなんです。

 
 

 赤穂義士祭にはいくつかの見所がありますので、ポイントを押さえて見物されるとよりお祭りが楽しめるというものです。

 
 

 赤穂義士祭の本祭の一番の見所なのが忠臣蔵パレードです。

 

 

 江戸時代の参勤交代の様子を再現した大名行列を皮切りに、きらびやかなお姫様装束に身を包んだ女性達の「義士娘人力道中」というものもあります。

 

 

 メインとなるのは、討ち入り装束の四十七士による、義士行列の盛大なパレードでしょう。

 

 
 
 

赤穂義士祭のイルミネーション

 

 

 赤穂義士祭は、忠臣蔵ウィーク期間中の17:00~21:00に行われる、赤穂城跡に光の天守閣が浮かび上がる幻の天守閣イルミネーションで、本祭のパレードと共にもうひとつの呼び物となっています。

 

 因みに、去年は「忠臣蔵Ukiyoe」と題したプロジェクトマッピングも上映されました。

 
 

 

 他にもお城周辺では暖かい灯篭がともされ、人気のイルミネーションともなっております。

 
 

スポンサード リンク

 
 

赤穂義士祭今年のゲスト

 

 赤穂義士祭のメインイベントである忠臣蔵パレードでは、2013年より大石内蔵助役を著名な芸能人の方が演じるようになりました。

 

 因みに、松平健さん、西郷輝彦さんが、それぞれ赤穂義士祭において大石内蔵助役を務められました。

 
 

 今年のの大石内蔵助役は、歌舞伎俳優の二代目中村梅雀さんに決定しているとの事です 

 
 

交通アクセス

 

【電車の場合】

  JR赤穂線「播州赤穂駅」より徒歩15分程度

 
 

【車の場合】

 山陽道赤穂ICより国道250号経由で約10分

 

 JR播州赤穂駅近くの千種川沿いに無料駐車場が2200台あります。

 
 

 ※交通規制も行われますし電車でのアクセスがいいので、なるべく電車での来場をおすすめします。

 
 
 
 
 
 

スポンサード リンク