スポンサードリンク

 3月3日の桃の節句に欠かせないものといえば雛人形。その雛人形の全国的な産地である埼玉県鴻巣市で、「鴻巣びっくりひな祭り」が開催されます。

 
 

スポンサードリンク

 
 

鴻巣びっくりひな祭り

 

 ひな人形の産地として知られる埼玉県鴻巣市(こうのすし)。その特産品「鴻巣びな」は、天正年間に京都伏見の人形師がこの地に移り、瓦びなの製作を始めたのが起源とされます。

 

 鴻巣のひな人形は江戸時代中頃から盛んになり、「鴻巣びな」として知られるようになりました。

 

 関東三大雛市の一つに数えられ、特に着物の着付けは関東一という評判で、江戸の職人が修行に来るほどでした。

 

 鴻巣市における人形製作は、約380年の歴史があり、鴻巣の貴重な伝統工芸として現在に伝えられています。

 

 そこで、歴史ある鴻巣雛のまちとして、『ひな人形のふるさと~鴻巣~』を広く宣伝し、12の万人市民全員でひな祭りが楽しめること、鴻巣のまちを明るく、元気にするために「鴻巣びっくりひな祭り」は開催されます。

 

 ぜひ見に来て下さい。

 
 


 
 

鴻巣びっくりひな祭り2016

 

 12回目の開催となる今回は、全国的にも有名となった“ひな人形で飾る日本一高いピラミッドひな壇”(31段高さ7m)が、鴻巣市役所から鴻巣駅直結のショッピングモール「エルミこうのす」に引越ししてきます。

 

 コスモスアリーナふきあげの八角すい型ひな壇、「鴻巣びな」など貴重な史料をメイン展示とする「ひなの里特別展」のほか、「花久の里ひな祭り」での鴻巣特産の花とのコラボレーションによる六角すいのひな壇(17段高さ4m)を展示します。

 

 3面ピラミッド型ひな壇によるパンジーハウスひな祭りなど、「ひな人形と花のまちこうのす」を広く市内外に宣伝いたします。

 

 公共施設や商店等の協力によるまちかどへのひな飾り「まちかどひなめぐり」もお楽しみいただけます。

 

 なお今年度も当事業を通じて、東日本大震災の被災地の方々を支援いたします。

 

 【メイン会場】

 

メイン会場

 

 エルミこうのすショッピングモール 1階セントラルコート(鴻巣市本町1-1-2)

 駐車場:700台

 

 2月17日(水)~3月6日(日)10時30分~21時

 ※最終日の3月6日(日)は15時まで

 

 鴻巣市役所から“日本一高いピラミッドひな壇”(31段高さ7m)が引越ししてきます。

 

 新しくなったびっくりひな祭りをお楽しみにして下さい!!

 

 【吹上会場】

 

吹上会場

 

 コスモスアリーナふきあげ(鴻巣市明用636-1)

 駐車場:300台

 

 2月17日(水)~3月6日(日)9時~21時まで

 ※火曜休館

 

 八角すい型ひな壇が登場します。

 
 
 

スポンサードリンク
スポンサード リンク
カテゴリー
タグ