スポンサードリンク

 高田城百万人観桜会が行われる高田公園は「さくら名所100選の地」「日本の歴史公園100選」に選定されています。

 
 

スポンサードリンク

 
 

高田城百万人観桜会

 

 明治42年に在郷軍人会が旧陸軍第13師団の入城を祝して2200本の桜を植えたのが観桜会のはじまりです。

 

城とさくら昼

 

 当時は、誰でもが入れるような場所ではありませんでした。

 

 その後、大正6年に市民に観桜が許可されることになります。

 

 当時の敷地は部外者が自由に出入りできるような場所ではなかったため、現在の大阪造幣局の桜の通り抜けのようなものであったと考えられています。

 

 大正15年に初めて観桜会が開催されましたが、現在のような形になったのは戦後になってからのようです。

 
 


 
 

高田城百万人観桜会は日本三大夜桜の一つ

 

 高田公園の周辺に植樹されているサクラはほとんどが「ソメイヨシノ」です。

 

 広大な内堀、外堀をめぐる約4,000本の桜が咲き競い、3,000個以上のボンボリに照らされて映える美しさは、日本でも有数のものです。

 

城とさくら1

 
 

 上野の恩賜公園、弘前城公園とともに日本三大夜桜の一つに数えられています。

 

 観桜会期間中は約300の露店が立ち並び、多くの人でにぎわう越後の春の象徴となっています。

 

 ★例年4月上旬から中旬にかけて桜祭りが開かれます。

 

 高田公園は「さくら名所100選の地」「日本の歴史公園100選」に選定されています。

 
 
 

スポンサードリンク
スポンサード リンク
カテゴリー
タグ