弘前さくらまつりの開催情報と開花予想

 弘前さくらまつりは、弘前市により所有・管理されている弘前公園で開催されますが、冬の「弘前雪まつり」よりも、桜の時期には毎年テレビにも出てくる有名な桜どころでもあります。

 
 

スポンサード リンク

 
 

弘前公園の桜

 

 弘前公園に桜が植えられたのが1715(正徳5)年、藩士が京都の嵐山からカスミザクラなどを持ち帰ったのが始まりだといわれています。

 
弘前城と桜

 

 明治に入って荒れ果てた城内に1,000本のソメイヨシノが植栽され、いろいろさくらの植栽に関してもいきさつがありましたが、やがて明治維新の混乱も収まり1895(明治28)年には弘前城跡が公園として一般開放されました。

 

 その後もソメイヨシノの植栽は続き、大正時代には弘前公園は見事な桜で埋め尽くされ、現在では約2,600本の桜が一面に咲き誇り、西堀では桜がトンネルのように頭上を覆います。

 
 

弘前公園さくらまつり開催情報と開花予想

 

 弘前市により所有・管理されている弘前公園で開催されるさくらまつりですが、弘前公園のさくらは全国でも屈指の桜の名所として日本さくら名所100選、人と自然が織りなす日本の風景百選にも選ばれています。

 

 ソメイヨシノ、シダレザクラなど約50種2,600本の桜が咲き誇ります。

 

 桜前線の北上に伴って、4月の下旬ころからほころびはじめる弘前のさくらですが、日本一といわれる弘前のさくらは、ひとつの花芽からいくつもの花が咲き、もこもこと迫力のある花付きが特徴です。

 

弘前城ライトアップ

 

 例年4月下旬から5月上旬にかけて、弘前さくらまつりが開かれます。

2016年は、4月23日(土)~5月3日(火)に開かれます。

 

 さくらまつり期間中は、18:30~22:00までライトアップされます。

 
 

スポンサード リンク

 
 

弘前公園へのアクセス

 

 ★JR弘前駅から弘前公園までのアクセス方法

 

  【徒歩】弘前駅・バスターミナル→約20分→弘前公園

 

  【バス】弘前駅前→土手町循環100円バス(約10分)→弘前公園

      ※10:00~17:00まで10分ごとに運行しています。

 

 ★弘前さくらまつりに関するいろいろな情報は

  弘前さくらまつりからどうぞ。

 
 
 

スポンサード リンク