水郷潮来あやめまつりと潮来花嫁さん

 すくっと立ち上がり、紫色の雅な花を咲かせるあやめは古くから、あやめ(花菖蒲やカキツバタ)は梅雨の訪れを知らせる花として愛されてきました。

 

 100万株のあやめを見ることのできる、「水郷潮来あやめまつり」が茨城県潮来市で開かれます。

 
 

スポンサード リンク

 
 

水郷潮来あやめまつりは歴史あるまつり

 

 茨城県潮来市の「水郷潮来あやめまつり」は、昭和27年にはじまった歴史あるまつりで、水郷潮来あやめ園園内には、約500種100万株のあやめ(花菖蒲)が植えられており、見頃を迎えると一斉に咲き誇ります。

 

菖蒲-3

 

 期間中は潮来花嫁さん「嫁入り舟」やあやめ踊りなどのイベントが盛りだくさんです。

 

 今では毎年多くの観光客が、水郷情緒とあやめを堪能するため潮来を訪れています。

 

菖蒲-2

 
 

潮来あやめまつりと潮来花嫁さん

 

 昭和30年頃までは、この地方は水路によって形成された生活形態であったことから、嫁入りする際の花嫁や嫁入り道具等を運搬するときにもサッパ舟(ろで漕ぐ舟のこと)が使われており、これが「嫁入り舟」のはじまりだと伝えられています。

 

潮来花嫁さん

 

 この「嫁入り舟」が全国的に知られるようになったのは、松竹映画「花嫁募集中」と花村菊江さんの「潮来花嫁さん」の大ヒットによりさらに全国的に知られるようになりました。

 

 しかし、生活形態や交通手段が変化してしまってからは、河川や水路も姿を消してしまい、サッパ舟を使った「嫁入舟」を見ることが出来なくなってしまいました。

 

 昭和60年にイベントとして「嫁入り舟」を復活させたのがきっかけとなり、現在のあやめまつりでもイベントとして行われるようになり、潮来を代表する行事となりました。

 
 

スポンサード リンク

 
 

おまつりの期間と交通アクセス

 

 昭和51年に開園した水郷潮来あやめ園は、美しい日本の歩きたくなるみち500選にも選ばれるなど、優れた景勝地として人気を集めています。

 

 ★開花時期:6月上旬~下旬

 

 ★見頃は例年6月10日頃

 

 ★お祭りの期間は、5月28日~6月20日

 

 ★水郷潮来あやめ園へのアクセスは

 

  【電車】JR潮来駅から徒歩3分

 

  【車】東関東自動車道潮来ICから約5分

 

    ※駐車場は、無料駐車場があります。

 
 
 

スポンサード リンク