お中元に贈ってはいけないもの

 お中元の季節がやってきました。お世話になった方へ感謝の意を伝えるために贈るお中元ですがお中元にも、贈ってはいけないものがあります。

 
 

スポンサード リンク

 . 

お中元に贈ってはいけない商品とは

 

 ★刃物

  お中元やお歳暮に刃物を送る人はあまりいないと思いますが、刃物はモノを切るものなので、縁を断ち切るという意味につながります。

 

 ★履物、靴下

  相手を踏みつけるという意味合いを持ちますのでこれもダメです。

 

 ★カバン、時計

  これらの商品は相手に勤勉を押し付けるという意味をもつので、やめたほうがいい商品です。

 

 ★筆記用具

  もっと精進してくださいという意味がありますから、これも気をつけたい商品です。

 

 ★ベルト

  気を抜くなという意味合いがありますから、目上の人に贈るものとしては不向きでしょう。

 

 ★商品券

  金額が明示されているので現金と同じ扱いになりますし、自分で勝手に選んでくれとも取れますので、上から目線の商品になります。

  

スポンサード リンク

 
 

その他にもまだ気をつけたい商品

 

その他にもまだ気をつけたい商品として

 

 ★賞味期限の短い食品

  保存のきかない食品を贈る際は、贈る前にお知らせしておくべきです。先方が受け取れなかったり、消費し切れなかったのではせっかく贈っても無駄になってしまいます。

 

 ★花

  花を贈るということに関して問題はありませんが、花のなかには花言葉で不吉な意味を持つものがありますので気をつけましょう。

 

 ★アルコール類

  アルコール類特にビールはお中元として人気の品物でもありますが、贈る際は先方の好みや健康状態に配慮する必要があります。

 

 ★訪ね先の近所で買ったもの

  先方を訪ねて直接お中元を渡すこともありますが、その際に先方の近所で買ったものを贈ってはいけません。間に合わせで買ったような印象を与えてしまいます。

 
 

まとめ

 

 贈るものを決めたら、のしを付け、感謝の言葉をつづった送り状を添えることも忘れないようにしましょう。これも大事なお中元マナーです。

 
 
 

スポンサード リンク