UVカット効果が半永久的に持続し、紫外線対策ができるだけじゃく、体感温度を下げる清涼効果もあり、軽量でコンパクト、一年中使える晴雨兼用折りたたみ傘。

 
 

スポンサード リンク

 
 

折りたたみ傘の軽量とはどのくらいから

 

 傘の重さは、200g前後から軽量と言われています。缶コーヒー1個分くらいの重さが200gなんです。

 

 軽量といわれる傘は100g~190gくらいのものが多いですが、グラム数だけではちょっと分かりづらいですよね。

 

 文庫本の重さが1冊150gくらい、スマーホやガラケーで大体130g前後。普通の折りたたみ傘が210gくらいでしょうか。

 

 ですから、軽量と言われるにはやっぱり200gを超えたのでは軽量とはいえないかも知れません。

 

傘-1

 

 傘の重さの大部分は、骨の素材の重さです。ステンレスやアルミなどがありますが、ステンレスは強度は優れていますが、重いです。アルミは軽いのですが強度に問題があります。

 

 軽くて丈夫なのはカーボン製の傘ということになるでしょうか。

 
 

UVカット率99.8%の折りたたみ傘

 

 なんと、UVカット率99.8%の折りたたみ傘がありました。ここで商品名をご紹介するわけにはいかないのですが、「文庫本一冊と同じくらい軽い日傘」と、Googleで検索してみて下さい。

 

傘-2

 

 これで晴雨両用ですと本当に便利でいいですよね。

 
 

スポンサード リンク

 
 

軽くて丈夫なカーボン製折りたたみ傘

 

 お値段はちょっと高めのようですが、軽くて丈夫な折りたたみ傘といえばカーボン製のものが一番かも知れません。

 

 カーボン製といえば、身近なところでいえば釣り竿や飛行機の素材としても使われているのですから丈夫なことは間違いありませんし、軽さも軽いことは間違いありません。

 

 ちょっと高めですが、長持ちさせたいならカーボン製のものを購入されると最終的には経済的かもしれませんね。

 
 

予想外の雨にも折りたたみ傘は便利

 

 外出中に一番困るのは、予想外の雨ですよね。これからの季節は梅雨を過ぎても突然の雷雨ということもあります。雨が降るたびにビニール傘を買うのも不経済ですし、服がぬれてしまうのも嫌ですよね。

 

傘-3

 

 そんな時に晴雨兼用の軽量折りたたみ傘があると便利です。晴雨兼用なら、季節を問わず年中使えます。UVカットの傘ならなおさら便利といえるでしょう。

 

 最近ではバッグに入れているのも忘れるほど軽量でコンパクトな折りたたみ傘もありますので、あなたに合ったものを探してみてください。

 
 
 

スポンサード リンク