UVカットカーディガンの効果と涼しさ

 紫外線が強くなってくると、その対策をしなければ髪にもお肌にもいろんな悪影響を及ぼします。

 

 最近は塗る日焼け止めだけではなく、着る日焼け止めも多くなってきました。

 
 

スポンサード リンク

 
 

UVカットのカーディガンは効果がある

 

 最近では塗る日焼け止めから着る日焼け止めへと移行しているのかも知れませんが、UVカットを施したカーディガンが日焼け止め対策として用いられているようです。

 

カーディガン-1

 

 カーディガンは、羽織るだけで日焼け止めの役割を果たしてくれます。UVカットと言えば黒色が主流だったのですが、今ではカラーバリエーションも豊富なので好みのものを選べます。

 

 日焼け止めクリームは塗るのがめんどくさいし、べたべたした感触を嫌う人もいますが、羽織るだけでUVカットができるカーディガンはそんな人にもオススメです。

 

 もちろん薄手なので夏の気候にぴったりですし、コンパクトにおりたためるのでカバンのなかにいれていても荷物になりません。

 
 

UVカットカーディガンは涼しい

 

 日焼け防止のためにカーディガンを着ているのに、暑かったら脱がなければいけないのではいただけませんよね。

 

 最近では涼しいUVカットカーディガンがあるのです。暑い夏でも熱を放出する素材でつくられているので涼しいのです。

 

カーディガン-2

 

 また、速乾性や吸汗性が高いのも特徴で、汗をかいてもすぐ乾いて着心地がいいものがあります。

 

 UVカットカーディガンは、冷房対策としても使えますよね。これを一石二鳥というのでしょうか、持っていると便利なようですよ。

 
 

スポンサード リンク

 
 

UVカットはなぜ出来るのか

 

 UVカットカーディガンの繊維には紫外線吸収剤を練り込まれています。紫外線を吸収・乱反射させる効果があるチタンやセラミックを練り込むことで、紫外線を肌まで届く量が大幅に軽減します。

 

 光を乱反射する微粒子を化学繊維に織り込むことでUVカット性能を高めます。乱反射することで服が鏡の役割を果たすので、お肌まで紫外線を通過させません。

 

 また微粒子を折り込むことによって、洗濯で吸収剤の剥がれを防ぐことができ、UVカット効果も長続きします。

 
 

UPF数値は大きい方がUVカット率が高い

 

 UPFという数値があります。これは、紫外線保護指数の略称で、南極のオゾンホールの影響を最も受けているオーストラリアやニュージーランドで定められたUVカットの世界的基準値です。

 

 UPFの数値は大きい方がUVカット率が高くなるようです。

 

◆適度な効果がある

 ・15~24

◆優れた効果がある

 ・25~39

◆非常に優れた効果がある

 ・40~50

 

 ということですので、UVカットカーディガンやUVカットパーカーを購入する時には、このUPFという数値も考慮しましょう。

 
 
 

スポンサード リンク