手の紫外線対策には腕カバーと手袋を

 紫外線対策の基本は、紫外線に当たらないことです。が、日常生活の中でそんなわけにもいきませんし、太陽に当たらないとビタミンDが不足します。

 

 それだけに、紫外線対策の悩みは大きいともいえます。

 
 

スポンサード リンク

 
 

紫外線対策に腕カバーと手袋

 

  腕や手そのほか、一番の紫外線対策は日に当たらないことです。そのためにはUVカット加工をされた腕カバーや手袋をすることが効果的です。が、暑くなる季節に腕カバーや手袋は辛いですよね。

 

 それでも強い紫外線にあたって皮膚が腫れ上がったり、ひどい時には皮膚ガンということも考えられますので、少しの辛抱はしなければならないと思います。

 

腕カバー-1

 

腕カバー-2

 

 腕や手の紫外線対策としては、やはり腕カバーや手袋を使うのが一番かと思いますが、長袖のシャツなんかも腕の紫外線対策としてはいいかも知れません。

 

手袋-1

 

手袋-2

 

 ただ、シャツの袖が長ければ紫外線対策になるかというとそうでもないようです。

 
 

UVカット率の高い色は何色?

 

 ところで、黒い日傘などがUVカット率が高いと言われてきましたが、UVカット率の高い色は、「黄色>赤色>青色・黒色」の順だそうです。

 

 また、白色の日傘でもUVカット加工をしている日傘だと、UVカット加工をしていない黒色の日傘に比べて、紫外線のカット率は、やはりUVカット加工をしている白色の日傘のほうが高いことがわかっています。

 

 では、腕や手の紫外線対策としていい方法は、薄い色のものでもいいからUVカット加工をしている長袖のシャツに、同じくUVカット加工をしている手袋というのがいい組み合わせかもしれません。

 

 真夏にはちょっと暑いかもしれませんが、これも紫外線から身を守るためには我慢が大切です。でも、水分不足で熱中症にはならないように気をつけてくださいね。

 
 

スポンサード リンク

 
 

UVカット加工をしているパーカーなども

 

 半袖の上から羽織れるUVカット加工をしているパーカーなどもいいかも知れません。

 

 外にいる時はパーカーを羽織り、家の中ではパーカーは脱ぐということができますし、パーカーを持っていると夏の冷房対策にもなります。

 

パーカー-1

 

 もしあなたがお気に入りの服がUVカット加工されていない場合、なんとUVカットをするスプレーも出ているそうです。なにもない時よりは80%くらいはカットしてくれるのだそうです。

 

スプレー

      Copyright c 1998-2012 Buyers,Inc

 
 

 通気性を損なうこともないそうなので、試して見られてはいかがでしょう。

普通のドラッグストアに売ってますよ。

 

 まだ捜せば、いろんなUVカットの方法が見つかるかもしれませんね。

 
 
 

スポンサード リンク