スポンサードリンク

 

 これからの季節は暑さのため肌を露出する機会も多いかと思いますが、紫外線には気をつけなければなりません。

 

 紫外線アレルギーは、今なんともない人でも花粉症と同じでいつ紫外線アレルギーになるか分からないのだそうです。

 
 

スポンサードリンク

 
 

紫外線アレルギーはいつ起こるか分からない

 

 紫外線アレルギーというのは、日光がアレルゲンとなって引き起こすアレルギーです。

 

 

 今まではアレルギー体質ではないと安心していてはいけないのだそうです。いつ誰にでも起こり得るアレルギーなのです。

 
 

 これから暑くなってきて肌の露出が多くなり、その結果日光に当たることが多くなり、何か様子がおかしいなと思って皮膚科に行くと、「紫外線アレルギー」と診断されることがあります。

 
 

 北極や南極の近くに住んでいて、年間を通して日光に当たることが少ない人は、日光浴も必然性があるのかもしれませんが、今や、日光を浴びて日焼けすることは健康的とはいえず、紫外線によるアレルギーや皮膚がんの元になるなどの危険性が指摘されて久しくなりました。

 
 

 紫外線アレルギーがいつ起こるか分からないなどの危険性を考えれば、紫外線をいかに避けるかを工夫しなければならなくなってきました。

 
 

紫外線アレルギーの症状

 

 紫外線には、UVA、UVB、UVCの三種類がありまが、このなかでアレルギーを起こすのは主にUVAといわれる紫外線です。

 

 紫外線を浴びることによって起こる紫外線アレルギーは、軽ければ肌のかゆみとか皮膚の腫れあるいは湿疹など身体の一部分に症状が出ますが、ひどい場合には身体全体の症状として、吐き気や頭痛などといった症状が出ることもあります。

 
 

 目に紫外線を多く受けた場合にもアレルギーが出て、目が開けていられなかったり、涙が出たり目が充血したりします。

 

 この場合でもひどい症状では、白内障などの症状が出る場合もありますから注意しなければなりません。

 
 


 
 

紫外線アレルギーにならないために

 

 紫外線アレルギーを防ぐためには、当然のことですができるだけ肌や目に紫外線を浴びないようにすることです。

 

 帽子や日傘あるいは目を守るためのサングラスなどが必要かと思いますが、それらもできるだけUVカット率の高い、紫外線防止効果が高いものを選ぶようにしたほうがいいでしょう。

 

 女性の場合には化粧品にUVカットの化粧品を使うことも大切ですが、紫外線アレルギーを起こす人は、敏感肌の人が多いのでUVカットの化粧品が肌に合わない場合もありますから気をつけなければなりません。

 

 日焼け止めのクリームの中には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤というふたつのタイプがあります。

 

 中でも紫外線吸収剤の方は肌への負担が大きいので、肌の弱い人が使用する場合には特に注意が必要かと思います。

 
 

アレルギーを治すのは困難です

 

 紫外線アレルギーはなってしまうと花粉症と同じで、なかなか直すのは困難だといわれています。

 

 紫外線アレルギーにならないためには紫外線をできるだけ吸収しない方法をとることです。

 

 でも、それって大変難しいことでもあるんですよね。しかし気をつけるに越したことはありません。

 

 もし何らかの症状が出た場合には、まずはお医者さんへ行って本当に紫外線アレルギーなのかどうか確認して、対処法を聞くのが一番いいのではないでしょうか。

 
 

 これからの季節、こまめなUV対策は大変だとは思いますが、しっかり対策をして紫外線アレルギーの症状がでないようにしたいものだと思います。

 
 
 
 
 
 

スポンサードリンク
スポンサード リンク