父の日のプレゼント 扇子に名入れをして贈りましょう

 父の日のプレゼントに何を贈ろうかと考えているあなた。

 

 これから暑くなる日が続きますよね。携帯に便利でエコグッズな商品はいかがでしょう。

 
 

スポンサード リンク

 
 

父の日のプレゼントに扇子

 

 父の日のプレゼントに扇子をと考えられているあなた。使いやすい扇子の見分け方をちょっぴりご紹介しましょう。

 

扇子-1

 

 扇子はやはり開閉がスムースなことが大切です。そして、開いたときに戻りがなく、きちんと開ききるかを確かめましょう。

 

 閉じたときにゆがみがないことも大切なチェックポイントです。

 

 また、地紙と骨の境目、接着部分、布扇子であれば縁紙部分など、端々をチェックすることも忘れないようにしましょう。

 

 風量でいえば、涼しい風をたっぷり送れるのは、地紙部分の大きい扇子がおすすめです。紙や生地で、隙間が少ないものを選ぶといいでしょう。

 

 竹のみで作られた扇子でも、竹の本数が多い物であれば隙間が少ないので風量は多いといえます。

 
 

父の日のプレゼント扇子に名入れ

 

 蒸し暑い夏、会社に着いても省エネの関係でエアコンが効いているという感じを受けられませんよね。

 

 で、街で配られた広告の入ったうちわでパタパタという光景を見かけますが、あまり格好がいいとはいえませんし、威厳もなにもないですよね。むさ苦しいというイメージすら若い人たちに与えかねません。

 

扇子-浮世絵

 

 そこでおもむろに扇子を取り出して、気持ちよさそうに扇いでいると、見た目にも全く違って見えることは間違いありません。

 

 そんな扇子を父の日のプレゼントに、それも名入りの扇子をプレゼントすれば、お父さんは喜んでくださるに違いありません。

 

 で、名前の入れ方なのですが、漢字でフルネームというのはもらう側からすれば「ちょっと・・・」という感じになるそうです。

 

 鈴木次郎さんというお名前なら、J.Suzuki のような表記が好まれるようです。
 
 
 

スポンサード リンク

 
 

父の日プレゼント 扇子購入方法

 

 先に、扇子の選び方を少しばかり書きましたが、自分の目で確かめて送りたい方はデパート等で一本ずつ調べてから購入するようにして下さい。

 

扇子-浮世絵-2

 

 でも、そんな時間のない方もいらっしゃるでしょうから、そういう方はネット販売でも、いろんな扇子を販売していますので、細かいところまでは目が届きませんが、簡単に購入することはできます。

 

 いずれにしても感謝を込めた贈り物なら、絶対に喜ばれることは間違いありません。

 
 
 

スポンサード リンク