頬に髪が触れるとチクチクする、洗顔時や洗顔後に頬がピリピリする、風に当たるだけでもヒリヒリする。

 

 こういった状態を敏感肌といいますが、これは角質層が薄くなっているか、あるいはほとんどなくなっている状態をいいます。

 

 角質層が薄くなると皮膚の水分量が低下し、乾燥肌になってしまいます。

 
 

スポンサード リンク

 
 

頬が乾燥してヒリヒリ痛い

 

 頬がヒリヒリ痛いのは、頬の角質層が薄くなって皮膚の水分が低下し、乾燥肌になっているからだと考えられます。

 

 角質層が薄くなっていると肌のバリア機能が充分に働かず、外からの刺激が肌の深い層まで届いてしまいます。

 

 そうなると、神経にまで刺激が到達し神経が敏感に反応したり、真皮層で炎症が起こることもあり、肌がヒリヒリするような痛みを感じるのです。

 
 

頬が乾燥する原因

 

 健康な肌では、古い皮膚の細胞は時期がくるとはがれ落ち、常に新しい健康な角質細胞が肌を守っています。これをターンオーバーといいます。

 

 乾燥肌になるのは、このターンオーバーの周期が早過ぎるためです。ターンオーバーの周期を早めてしまう原因は、刺激の強い化粧品の使用など、行き過ぎたスキンケアに原因があります。

 

 洗顔の仕方、洗顔時の温度、洗顔料の頻度など、普段何気なく行っている「洗顔」を見直す必要があるかも知れません。

 
 

スポンサード リンク

 
 

頬の乾燥をケア

 

頬の乾燥

 

 頬がヒリヒリ痛くなるのは肌の乾燥が原因なので、その原因を取り除いてやれば、頬がヒリヒリ痛いのは治るはずです。

 

 頬がヒリヒリしているのは肌が乾燥しているからなので、肌を保湿をしてやりましょう。肌はかなり弱っている状態なので、しっかりと潤し、肌をいたわりましょう。

 

 できれば、低刺激の化粧水などを使うのが望ましいです。合成界面活性剤や防腐剤、香料、着色料、アルコールなどの入った化粧水は一切使わないようにしましょう。

 

 肌の保湿には「セラミド」が配合されている化粧品を使っての保湿ケアがオススメです。セラミドは細胞間脂質のひとつで、細胞間を結び合わせる役割を担っています。

 

 そのうえ水分を蓄える機能もありますので、水分量が減ってバリア機能が損なわれている角質層の機能をよみがえらせるのにも有効といえます。

 
 
 

スポンサード リンク