日本初の国立公園のひとつ、瀬戸内海国立公園にある景勝地、小豆島寒霞渓。垂直にそそり立つ巨岩の中を行くロープウェイは、2015年ゴンドラをリニューアルしました。

 

 200万年の歳月が刻んだ渓谷美と、紅葉を眼下に見下ろす快適な空中散歩が楽しめます。

 
 

スポンサード リンク

 
 

小豆島寒霞渓は三大渓谷美のひとつ

 

紅葉とロープウェイ

 

 小豆島寒霞渓は、日本三大渓谷美のひとつに数えられ、日本屈指の名勝地ともいわれています。

 

 深くきれ込んだ渓谷の中をゆくロープウェイは、広々とした窓から寒霞渓自慢の渓谷美と瀬戸内の海岸美を一度に堪能することができきます。

 

 秋には島全体が紅葉し、特に寒霞渓周辺の奇岩にそった紅葉は大変すばらしく、また春の新緑、夏の碧も美しく、寒霞渓は四季を通じて楽しめます。

 

 登山口の紅雲亭から山頂までは見事に色づいた紅葉のトンネルの中をハイキングもできます。

 
 

小豆島寒霞渓紅葉の見ごろ

 

 ★例年の色づき始め 11月初旬

 ★例年の見頃    11月中旬~11月下旬

 
 

スポンサード リンク

 
 

小豆島寒霞渓への交通アクセス

 

◆交通アクセス小豆島行き船便

【高松港から】

 ★草壁港行き

  内海フェリー  フェリー60分 高速艇45分

 ★土庄港行き

  四国フェリーグループ  フェリー60分 高速艇30分

 ★池田港行き

  国際フェリー  フェリー60分

 

【高松東港から】

 ★坂手港行き

  小豆島ジャンボフェリー  フェリー70分

 

【岡山港から】

 ★土庄港行き

  両備フェリー  フェリー70分

  四国フェリーグループ  フェリー70分

 

【日生港から】

 ★大部港行き

  瀬戸内観光汽船  フェリー60分

 

【姫路港から】

 ★福田港行き

  四国フェリーグループ  フェリー100分

 

【宇野港から】

 ★土庄港行き

  小豆島フェリー  フェリー90分

 

【神戸港から】

 ★坂手港行き

  小豆島ジャンボフェリー  フェリー3時間

 

◆島内公共交通機関

 ★路線バス(季節運行)

  小豆島オリーブバス

 

 ★草壁港から神懸線紅雲亭行きで約15分 終点下車すぐ

  10月25日までは土日祝のみ運行

  10月26日~12月10日は毎日運行

  12月11日~3月19日は運休

 

 ★土庄港から約1時間

坂手線・南回り福田線(下り)行きで草壁港まで約30分、草壁港にて神懸線に乗り換え終点の紅雲亭で下車

 

◆島めぐり観光バス

 ★小豆島交通 http://shodoshima-kotu.com/

  小豆島の観光地を一日で巡る、土庄港発着の便利な観光バスです。

 

◆お車でお越しの方寒霞渓まで

 ★土庄港から スカイライン経由 山頂約40分

       南まわり ロープウェーのりばこううん亭 約40分

 ★坂手港から ロープウェーのりばこううん亭まで 約25分

        山頂まで 約40分

 ★草壁港から ロープウェーのりばこううん亭まで 約15分

        山頂まで 約35分

 ★池田港から ロープウェーのりばこううん亭まで 約30分

        山頂まで 約45分

 ★大部港から ロープウェーのりばこううん亭まで 約40分

        山頂まで 約20分

 ★福田港から ロープウェーのりばこううん亭まで 約50分

        山頂まで 約35分

 

 ★駐車場は200台 無料

 
 

小豆島寒霞渓ロープウェイ案内

 

◆寒霞渓ロープウェイ案内

 ★年中無休 こううん駅(紅雲亭)⇔山頂駅 毎時12分間隔で運行

 ★料金 【往復】 大人 1,350円  小人 680円

     【片道】 大人   750円  小人 380円

  【一日乗車券】 大人 1,900円  小人 950円 ※11月は販売適用外

 ★寒霞渓ロープウェイ営業時間

   3月21日~10月20日 8:30~17:00

  10月21日~11月30日 8:00~17:00

  12月 1日~12月20日 8:30~17:00

  12月21日~ 3月20日 8:30~16:30

 
 
 
 

養老渓谷の紅葉と温泉宿

 

奈良公園の紅葉は穴場スポット

 

秋月城跡周辺の紅葉と城下町散策

 
 
 
 

スポンサード リンク