スポンサードリンク

 養老渓谷は関東でも有数の紅葉スポットです。数多くの紅葉が段階的に色づき、ゆったりと紅葉が楽しめる場所です。

 

 紅葉以外にも渓流釣りや家族でのハイキングあるいはバーベキューなどのアウトドアにもいい場所です。

 

 また、豊富な温泉も観光客には人気があります。

 
 

スポンサードリンク

 
 

養老渓谷の紅葉シーズン

 

 養老渓谷の紅葉は、11月下旬から12月上旬が見ごろとなります。

 

紅葉1

 

 梅ヶ瀬、筒森もみじ谷、中瀬遊歩道、粟又(あわまた)の滝など多くの紅葉スポットがあります。

 

 養老渓谷には、モミジ・カエデ・ウルシ・ナラなどの紅葉樹がたくさんあり、これらの木々は時期を相前後して紅葉するために、養老渓谷の紅葉は比較的長い期間楽しむことが出来ます。

 

◆紅葉のライトアップも綺麗です

 紅葉のライトアップは、例年11月下旬頃から12月初め頃まで行われています。

 

ライトアップ

 

 ライトアップの場所:粟又の滝・及川十字路・中瀬遊歩道

 ライトアップの時間:17:00頃から21:30まで

 

◆紅葉まつりも開かれ、毎年11月23日の勤労感謝の日に開催されています。開催時間は10時から15時までの予定です。

 

【開催場所】           【イベント内容】

 ・いずみ鉄道・上総中野駅前    おいしい豚汁の販売

 ・養老渓谷やまびこセンター前   餅つきの実演と販売

 ・旧旧会所分校          手打ちそばや焼き芋の販売・和太鼓の演奏・

                   チェンソーカービング

 

 
 

養老渓谷への交通アクセス

 

【車の場合】

 ◆都内からは、館山自動車道経由で市原舞鶴ICから国道297号に入り、県道81号を通って養老渓谷に着きます。

 

 ◆神奈川方面からは、東京湾アクアラインで木更津東ICへ向かい、そこから国道410号で久留里へ行きます。そこからは県道32号で養老渓谷へ向かいます。

 

 ただし、紅葉期間中は国道81号が非常に渋滞しますので、余裕を持った予定を立てましょう。

 

 特に、養老渓谷駅周辺と老川十字路から栗又の滝の間は渋滞がひどいので、9時頃までに現地に着くようにすれば、かなり混雑は避けられるでしょう。

 

【公共交通機関】

 東京駅からJR内房線に乗り、五井駅で小湊鉄道に乗り換えます。小湊鉄道の養老渓谷駅で下車します。

 

 養老渓谷駅から中瀬遊歩道までは歩いて30分くらいです。粟又の滝まではバスで20分くらいかかります。

 

【駐車場】

 ◆粟又の滝駐車場:滝に近いため一番便利な駐車場ですが、駐車台数が多くないため早めに行かないと駐車できない恐れがあります。

  駐車台数:普通車37台 大型車3台

  駐車料金:普通車500円 バスは大きさにより1000円から2000円

 

 ◆養老渓谷温泉街:小さな駐車場が何カ所かあります。中瀬遊歩道へのアクセスに便利です。

 

 ◆大福山展望台手前:無料の駐車場があります。梅ヶ瀬渓谷はこちらが便利です。

 
 


 
 

養老渓谷での温泉宿

 

 ↓ ↓ このバナーをクリックして下さい。

 

 楽天トラベルのサイトに行きますので、「キーワードから探す」の国内宿泊が選択されていることを確認してから、その下の枠内に 千葉県 養老渓谷 温泉宿 と入力し、「検索」をクリックして下さい。

 

 養老渓谷の温泉宿一覧が表示されます。

 
 
 
 
奈良公園の紅葉は穴場スポット

 

秋月城跡周辺の紅葉と城下町散策

 

小豆島寒霞渓の紅葉 見ごろと交通アクセス

 
 
 
 

スポンサードリンク
スポンサード リンク