熱中症対策には夏野菜を食べて旬の栄養を補給

 野菜は旬の時期に一番栄養価が高くなり、不思議とその旬の時期には身体に必要な栄養素が詰まっています。

 

 旬のものは野菜に限らず美味しいし、何より値段が安くなるのも魅力です。

 
 

スポンサード リンク

 
 

旬の野菜には旬の効能がある

 

 野菜はハウス栽培であれば、夏野菜は夏だけではなく冬にも収穫できます。キュウリやトマトなど年中スーパーには並んでいます。

 

 ですが、旬のものの方が栄養価は高いんです。何より旬の時期に食べる方が美味しいし値段が安くなるのもありがたいですよね。

 

 夏野菜を旬の夏に食べると、水分やカリウムを豊富に含んでいるものが多く、身体にこもった熱を身体の中から冷やしてくれるという効果があります。

 

 夏野菜には、トマトやキュウリなど生で食べられるものも多いので、夏に不足しがちな栄養素を簡単に補給できるのがその特徴といえます。

 

 また、冬には身体を温めてくれる成分を多く含む野菜が豊富なのも本当に不思議なことですが、気候や季節により私たちの身体には必要な栄養素があります。

 

 旬の野菜を旬の時期に食べることで、旬の野菜がその時々の身体に必要な栄養素を与えてくれます。

 
 

代表的な夏野菜

 

 夏野菜の代表的なものには、トマトやキュウリ、ナス・ピーマン・カボチャ・ゴーヤ・トウモロコシなどがあります。

 

カボチャ

 

 夏野菜は色の濃いハッキリした色の野菜がその特徴といえるようです。暑くて食欲も落ちるこの季節、カラフルな夏野菜は食欲を刺激してくれますし、含まれている栄養素もその効能も、夏にはぴったりではないでしょうか。

 
 

スポンサード リンク

 
 

代表的な夏野菜の効能

 

【トマト】

 

トマト

 

 抗酸化作用のあるビタミンAとCがたっぷり含まれています。

 ビタミンEと一緒に取ることでより強力な抗酸化作用が期待できます。

 ビタミンEが豊富なオリーブオイルを使って調理するのがいいでしょう。

 夏場は、抗酸化作用のある野菜をとって酸化しない身体作りをしましょう。

 冷やして生でガブッと食べれば最高な食べ物でもあります。

 

【キュウリ】

 

キュウリ

 

 夏場、汗をかいて不足しがちな水分とカリウムが多く含まれています。

 キュウリにはビタミンCを壊してしまう酵素が含まれています。酢にその酵素の働きを抑える作用がりますので、「酢の物」で食べればビタミンCも取れます。

 

【ナス】

 

ナス

 

 ナスは90%以上が水分です。水分を効果的に摂ることができますし、ナスは食べやすいですよね。

 身体を冷やす効果がありますし、利尿作用もあります。

 ナスの紫はアントシアニンの色素なので、皮も食べることで紫外線やまぶしい直射日光、パソコン、スマホ、テレビなどで疲れた目を優しくいたわってくれます。

 

【ピーマン】

 

ピーマン

 

 皮膚の結合組織を作るコラーゲンの合成を助け、メラニン色素の沈着を防ぎ、健やかな肌を保つためのビタミンCが豊富です。

 ビタミンCは熱に弱く調理によって壊れやすいのが難点ですが、ピーマンは組織が強いため、壊れにくく、安心して炒めて食べられます。

 他にもピーマンには、ウィルスから身体を守りビタミンAも多く含まれています。

 ビタミンAは油と一緒にとることで、吸収率が高まりますので、ピーマンを炒めて食べるのは理にかなっているようです。

 

【ゴーヤ】

 

ゴーヤ

 

 ビタミンCを豊富に含むとともに、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んでいます。汗とともに失われ易いカリウムも多く含んでいて、代謝を促進して、むくみを解消してくれます。

 ゴーヤ特有の苦み成分は、食欲を刺激し夏バテ予防に働きかけてくれます。ゴーヤの苦味が気になるという人は、白い部分をしっかり取ったり塩もみすると、気にならなくなります。

 

ゴーヤチャンプルー

 

 ゴーヤチャンプルーみたいに、お肉の脂やタンパク質と一緒に調理すると苦味がやわらぎますのでオススメの料理といえましょう。

 
 

夏野菜は夏に食べてこそ

 

 夏野菜は夏に食べてこそ、その栄養価値が高まります。より栄養価の高い時期に、しっかり体が必要とするようにできているんですね。

 夏野菜は彩りが良く生でも食べれるものが多い特徴があります。

 積極的に食べて暑さに負けない体を作りましょう。

 
 
 

スポンサード リンク