七五三の時期、神社にお参りしたあと記念写真を撮ると思いますが、小さなお子さんにはかなりの負担がかかるようです。

 

 特に三歳児の場合には、着物の着付けやメイクなど、その負担はかなり大きなものがあるようです。そこで、七五三の記念写真だけ前撮りをオススメしたいと思います。

 
 

スポンサード リンク

 
 

七五三の前撮りの時期はいつがいい?

 

 一般的には、春頃から9月か10月くらいの間に撮るようですが、あまり早すぎると三歳児は半年も間が開くとかなり大きくなりますから、幼すぎる記念写真になります。

 

 ですから、それぞれの年齢にあわせた前撮りの時期を考えられる方がいいようです。でもあまり11月に近づくと、写真場も混んできて思い通りの日取りがなかなか選びにくくなります。

 

 遅くとも9月中頃までに予定を組まれる方がいいようです。

 

 ここでひとつご注意願いたいことがあるのですが、7月8月の真夏に活発に活動されるお子さんは、9月に入って記念写真を撮られると、真っ黒な顔の写真ができあがることになります。

 

 男の子も女の子も、着物姿に真っ黒な顔は似合いませんから、気をつけられた方がいいと思います。

 
 

七五三の前撮りは家族と一緒がいい

 

 お子さんだけの記念写真もいいのですが、小さなお子さんはひとりだけで写真を撮るのを不安がります。

 

 そこで、パパやママもお子さんと一緒に撮られることを、オススメしておきたいと思います。

 

 お子さんだけでの記念写真で、お子さんがぐずりはじめると、もう記念写真どころではなくなります。そんな時にパパとママがお子さんと一緒に撮って、その後お子さんだけ撮るという方法もあります。

 

 特に初めての記念写真を撮る三歳児の場合は、小さくもありますしなかなか思うようには撮らせてくれないかも知れません。

 

 また、お子さんの機嫌が悪くなった時の場合に、お子さんをあやす道具といいますかおもちゃなども準備して行かれることをオススメしておきます。

 
 

スポンサード リンク

 
 

七五三の前撮りには家族も写真が撮れる服装を

 

 先にも記しましたが、お子さんがひとりだけで写真を撮るのをいやがった時、パパやママが一緒だとうまくいくこともあります。

 

 ですから、お子さんだけが写真を撮ると思わないで、パパやママも一緒に記念写真を撮るつもりになりましょう。

 

 そのためには、パパはスーツ姿、ママもスーツなりそれなりの準備をして行かれるといいと思います。

 
 

七五三前撮りのメリット

 

 七五三の当日はどうしても写真場も混雑しますので、気に入る着物が選べなかったり、混雑しているので、気に入った写真が撮れるまでねばれないと思います。

 

 その点、前撮りであればかなり自由に着るものも選べますし、写真を撮るのも充分な時間を取ってもらえると思います。また、そのような日時を選んで予約することも出来るはすです。

 

 仮に、予約の日に限ってお子さんの調子が悪くなったり、親御さんの都合が悪くなっても次のことが考えられるというメリットもあります。

 
 

 ただ、あまり早い段階で予約するとお子さんが幼く写るということは考えておかれる方がいいでしょう。

 
 
 

関連記事

七五三の親の服装と選び方

 
 
 

スポンサード リンク