寒くなると暖かいものが恋しくなりますが、それは食べ物でも着るものでも一緒ですよね。

 

 

 リビングでテレビをみたり、本を読んだりとくつろぐ時に毛布が一枚あることで、暖かさを確保できますよ。

 

 しかし、その毛布は寝転がるぶんには申しぶんありませんが、本を読んだりする時には前がはだけて寒くなります。

 

 そこで、「着る毛布」なんですが、これは着たまま動くことや歩くことは可能なのかどうか。

 
 

スポンサード リンク

 
 

着る毛布がおすすめ

 

 私の持っている着る毛布は、袖がついていて本当に着ることができます。ガウンのようなものが毛布の生地で出来ています。

 

 少し大きめのものを買ってしまったので、ちょっと歩きにくいのですが、椅子に座ってパソコンなどをする時には大変重宝しています。

 

 かなり暖かいですから、暖房代を節約できるので着る毛布はおすすめです。

 

 ただ、椅子に座るとどうしても足が出ますから、足を温かくする必要はあります。

 

 首のところもボタンがついていて、首から寒くならないような仕掛けになっています。

 

 胴回りにはベルトというか紐というか、ガウンのように結ぶためのものがついていますから、前がはだけて寒くなるというようなことはありません。

 
 

着る毛布は歩けるの?

 

 歩けるのかどうかといわれれば、歩けます。歩けますが、私の持っているのは裾が長いので手で持ち上げながら歩いています。

 

 はっきり言って歩きにくいことは歩きにくいです。

 

 部屋の中を歩くくらいなら、手で裾を持ち上げながら歩けばいいと思いますが、手が使いたい時に困る場合は、ガウンのような結ぶベルトで胴回りを結んでいますから、そのベルトにたくし上げて歩けば両手とも使うことが出来ます。

 

 着る毛布を着て、そのままベッドに寝転がっても足先だけ何かかけるとか、厚手のソックスを穿くとか、「ソックス風湯たんぽ」などというものもあるじゃないですか、そうすると寝っ転がってでも本は読めますよ(あまりおすすめはしませんが・・・)。

 
 

 着る毛布を着ていたからといって、歩けないことはありません。

 
 

スポンサード リンク

 
 

家事全般の動きには向いてません

 

 歩けるからといって、着たまま料理とか掃除とかは、裾や袖が邪魔でやりにくいと思います。

 

 着る毛布を着たままでは、家事全般の動きには向いてません。

 

 あとトイレもそうですね。

 

 着たままでは不可能です。

 

 着る毛布は、くつろぐ目的で使うならこんないいものは無いと思います。

 
 
 
 
 
 

スポンサード リンク